キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 ダイヤモンド指輪査定のポイント・4Cその2 : ダイヤモンド指輪買取物語

ダイヤモンド指輪買取に重要視される4Cのうち、カットだけが人の手によるものです

ダイヤモンド指輪買取物語メイン画像

ダイヤモンド指輪査定のポイント・4Cその2

ダイヤモンド指輪査定で重要なポイントである4つのC。

カラットとカラーの話は大体おわかりかと思いますが、では残りの2つ、クラリティとカットについて少し紐解いてみましょう。

クラリティはダイヤモンドの内部についた傷やインクルージョンと言われる内包物の大きさや位置などによって判定されます。

ダイヤモンドは長い時間をかけて結晶化しますが、その過程で圧力などをうけて傷が入ったり内包物がはいりこんだりしてしまいます。

すると、光の通り道を邪魔してダイヤモンドのきらめきに違いが出てきてしまうのです。

カットについては、大体の方がご存知だと思いますがポイントは主に形(対称性)、そして研磨の状態です。

ダイヤモンド指輪買取査定において、そのほとんどが天然の部分に委ねざるを得ないのですが唯一この項目だけは人間の手によるものに対する評価になります。

ですので、最初にダイヤモンドの指輪を買うときには、のちのダイヤモンド指輪買取のことも考えてカットの優れているものを選ぶ、ということも良いかもしれません。

まあ、カットが良いということはその分おねだんも良い、ということになりますが…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright ダイヤモンド指輪買取物語cialisacquistoonline.com.