キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 ダイヤモンド指輪査定のポイント4C : ダイヤモンド指輪買取物語

ダイヤモンド指輪買取の時に重要なのはダイヤモンドの4Cです

ダイヤモンド指輪買取物語メイン画像

ダイヤモンド指輪査定のポイント4C

ダイヤモンド指輪買取査定の場合、ダイヤのどういったところから金額が算出されるのでしょうか。

ダイヤモンドというと、素人ではどうしても「カラット」のみで考えがちですがしかし、ダイヤモンドには4Cという言葉があります。

この内の一つは当然ながら「carat=重さ」ですが、他の3つはというと・色(カラー)・異物の混入割合(クラリティ)・形(カット)となっています。

これらすべてが優れている時、ダイヤモンド指輪買取査定の金額もぐーんと上がるというわけです。

カラーは無色が一番良いとされ、だんだんと黄色みや褐色味が強くなるに連れてグレードが低くなっていきます。

…というと見た目で色がわかるほどのものを想像してしまうところですが、実際のところは素人目にはわかるものではありません。

カラーの判定は、専用の光源のもとで行い、非常に微妙な色合いの違いを見るもの。

標準の光源を使うと言っても、判断するのは鑑定士の目です。

ですから、微妙な色合いの場合には鑑定士によって違ってしまうこともあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright ダイヤモンド指輪買取物語cialisacquistoonline.com.